ヒプノセラピー(催眠療法・前世療法)&カウンセリング<link rel="canonical" href="http://www.cocokara-happy.com/">

未来志向

子供の頃の将来の夢は何でしたか?
と聞かれて思い出してみたり、
小学校の卒業文集の“○○ちゃんの将来”のような
コーナーを改めて読んだりしてみると、
大人になった今では考えられないような
夢を語っていたなぁと思うことがよくあると思います。

その夢は壮大な夢の場合もあれば、
ごくごく平凡な夢であるかもしれません。

子供の頃は
まるでその夢を実現できるような力や可能性が
自分にはあるのではないかと思っていたり、
そこまでではなくてもそうなれたらいいなぁといった
憧れを持っていたりもします。

また平凡な夢の場合であっても、
きっとその子なりに平凡さの中に
何かしらの良さを見つけているかもしれません。

しかし徐々に大人になるにつれて、
現実を目の当たりにするようになると、
子供の頃のように自分の可能性を信じることができず、
物事の良くない面ばかりに目が向くようになったりして、
「どうせ・・・・だ」「自分には無理だ」などと、
将来を悲観的に思ったり、
自分の可能性を狭めてしまったりすることが
多くなるような気がします。

確かに、大人になりいろいろな体験をするなかで、
現実的に物事を捉えることは大切なのですが、
その一方で現実の枠から抜け出すことができずに、
将来の夢のように何か大切なものを忘れてしまったり、
失ってしまっているような気がしてなりません。

私たちはとかく過去の出来事に影響を受けたり、
現実に囚われたりすることがありますが、
過去の出来事や現実を変えることができないのであれば、
少しでも未来をより良く変えていこうと
思えることが大切だと思います。

今というのは、
まさに“未来を生きるために生きている”のだと思います。

大人になった今となっては
子供の頃のような夢を語れと言われても
なかなか語れるものではありませんが、
せめて今の自分よりは少しでも良い状態の自分、
それは他人から見てどうだというのではなく、
自分なりに少しでも前進している自分、
そんな未来の自分を描けるようになることが、
今を生きるうえでとても大切な気がします。

因みに恥ずかしながら小生の将来は?というと、
夏の暑い時期は北海道
冬の寒い時期は沖縄で
悠々自適に過ごしたいと
ず〜っと前から思っているのですが、
実現するには依然としてほど遠い状態のため、
せめてたまにそんな自分の姿を思い浮かべては、
ニヤニヤしている今日この頃であります(・・。)ゞ

powered by Quick Homepage Maker 4.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional