ヒプノセラピー(催眠療法・前世療法)&カウンセリング<link rel="canonical" href="http://www.cocokara-happy.com/">

五月病(May syndrome)

GWが明け、天気までグズついていると、
うつうつ気分が高まりそうな感じですね。

特に4月から新しい環境でスタートした方々は、
このGWで1ヵ月間の緊張から少し解放されて、
ほっと一息ついた頃なのではないでしょうか。

でもそんな方々にGW明けくらいに
起こりやすいと言われているのが
五月病(May syndrome)

元々は、厳しい受験競争を勝ち抜き
期待を胸に大学入学を果たした新入生が、
期待とは異なった大学生活に失望したり、
目標を失って無気力に陥る状態のことを指したのですが、
大学生に限らず、高校生や新入社員など
4月から新たな環境でスタートした方々にも、
同様の症状が見られるといわれています。

特に最近では新社会人に多いようです。

これらの症状は環境の変化への不適応現象で
多くは一過性の症状として、
この時期をうまく乗り越えれば自然と治まるのですが、
症状が長引くとさらに抑うつ感が強まり、
不眠、疲労感、やる気が出ないことなどが続き、
不登校や出社拒否などに繋がることもあるようで、
医学的診断としては「適応障害」と診断されることが
多いようです。

もし心身の変化を感じた場合は、
無理をせずに少しペースを緩めてあげましょう。

気分が落ち込んでいる時は、
やたらと物事を悲観的に考えがちになります。

自分の中で今感じている気持ちを認めてあげて、
気が置けない友人や知人などに打ち明けてみると、
相手も同じような気持ちを感じていたり、
あるいは感じたことが過去にあったりと、
「ああ、自分だけではないんだ」と思って
少し気が楽になることもあるのではないでしょうか。

とにかく風邪と一緒で、
こじらせたり長引かせないようにすることが大切です。

日々「マインドフルネス」を心掛けて、
この時期を乗り越えましょうね('-^*)/

powered by Quick Homepage Maker 4.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional