ヒプノセラピー(催眠療法・前世療法)&カウンセリング<link rel="canonical" href="http://www.cocokara-happy.com/">

タイミングの選び方

  セラピーをお受けにお越しになられた方にお話を伺うと、

  「かなり前からホームページを見ていて、
  セラピーを受けようと思ってはいたのですが、
  なかなか一歩を踏み出せずにいて・・・」

  「でも、今がタイミングだと思って思い切って来てみました」

  というお話をよく聞きます。

  確かに物事にはタイミングがあると思います。

  考えて見ますと、長い歴史上今生きているのも
  ひとつのタイミングだと考えると
  自分ではそのタイミングを選択することはできませんが、
  たいていのタイミングは自分で選択することができます。  

  タイミングには、
  主観的なタイミングと客観的なタイミングがあります。

  主観的なタイミングとは“自分で感じたタイミング”であり、
  客観的なタイミングとは“自分以外の他者が感じたタイミング”。

  自分で「今がタイミングだ」と思っていても、
  傍から見ると「全くずれている」という場合もあるかもしれません。

  しかし仮に他者から「今がタイミングだよ」と言われたり、
  客観的にみた状況やデータから今がタイミングだと分かったとしても、
  自分のなかに納得した気持ちがないと、
  本来の力を出し切れなかったり、一歩を踏み出せなかったり
  といったことが起こり、
  結果的にタイミングではなかったということにもなります。

  あるいは後々「タイミングを逃していた」と
  後悔することは誰しも少なからずあると思いますが、
  それはあくまでも結果論でしかなく、
  もしそのときに行動をおこしたとしても
  同じ結果になるかどうかは分からないものです。

  このように考えてみますと、
  タイミングを選ぶって難しいなぁと思いますが、
  大切なのはやはり選ぶときの
  “自分の気持ち”ではないかと思います。

  自分が「タイミングだ」と思って納得して行動したのであれば、
  たとえ結果が思ったようにならなくても、
  ある程度結果について「仕方ない」と納得して受け入れたり、
  振り返って反省することもしやすいのではないかと思います。

  一方で納得できない状態のまま行動した場合は、
  運よくいい方向に結果が出れば良いのですが、
  そうでない場合には自分や他者に対して
  責めてしまったり不信感を抱いたりすることになり、
  かえって次のタイミングを逃すことにもなりかねません。       

  同じ状況であっても、
  ヒトそれぞれに選択するタイミングは多少なりとも異なるものです。  
  
  従いましてタイミングを選択する際には、
  客観的な状況や意見を参考にしつつも、
  「今がタイミングかな?」
  と自分のココロの問い合わせてみながら、
  自分の感じたことや気持ちを大切にすることが、
  長い目でみればそのヒトにとって
  より良い結果につながるような気がします。

powered by Quick Homepage Maker 4.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional