ヒプノセラピー(催眠療法・前世療法)&カウンセリング<link rel="canonical" href="http://www.cocokara-happy.com/">

もっと自分にOKを出そう

  自分のやりたいと思っていることを
  比較的自分の思うようにできていたとしても、
  ココロのどこかで窮屈に感じているように
  思うことがあります。

  この感情って何なんだろうと思ったとき、
  この感情は今に始まったことではなく、
  子どもの頃からずっと感じ続けていたものであることに
  ふと最近気づきました。    
   
  家族、学校、会社、社会・・・
 
  私たちは常に何かしらに属し、
  そしてその中のルールに従って生きることを求められます。

  そのようななかで、
  権威的な力によって自分を従えようするものに対して
  とても窮屈に感じるのはあたり前ですし、
  今までは、自らが属しているところのルールや制約が
  このような気持ちにさせていたのではないかと
  思っていたのですが、
  どうもそれだけではないような気がしてきました。

  ではいったい何が窮屈に感じさせているのでしょうか。

  環境が変化しても変わらない何か・・・

  それが何なのかは今のところ明確にはわかりません。

  ただひとつそこに見落としていたものがありました。

  それは自分が“自分”に属しているということ。

  そういうと何か哲学的な難しい印象を
  受けられるかもしれませんが、
  つまり自分は“自分”という肉体や気質を持ったものに属して
  存在しているということです。

  そのため窮屈に感じるのはこの自分の肉体や気質から生じる
  思考や感情のせいなのではないかと・・・。

  無意識的にどこか自分を許せていなかったり、
  自らの価値観などで自分を縛りつけていたり。

  だからこれからはもう少し意識して
  「自分にOKを出していこう」
  と思っています。  

powered by Quick Homepage Maker 4.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional