ヒプノセラピー(催眠療法・前世療法)&カウンセリング<link rel="canonical" href="http://www.cocokara-happy.com/">

「阿吽(あうん)の呼吸」という幻想

「阿吽の呼吸」という言葉があります。

その語源は

「阿」は口を開き「吽」は口を閉じて発する声を指し、

そこから呼気と吸気の意味となり、

両者が息をあわせることを「阿吽の呼吸」と

言うようになったそうです。

転じて2人以上の人が1つのことをするときの

微妙なタイミングや気持ちの一致を意味する言葉として

よく使われています。

特に長年連れ添っている夫婦、恋人や親友同士など

身近な親しい存在のなかで感じやすいものです。

お互いをあまり知らないうちは、

一生懸命相手を知り、自分も知ってもらいたいと思って、

比較的積極的にコミュニケーションを図るよう努めます。

一方で相手との関係が長くなれば長くなるほど、

そして身近になれば身近になるほど

「こんなことわざわざ言わなくても相手は察してくれるだろう」

「過去にも理解してくれたから今回も理解してくれているはずだ」

といったように、

しばしば「阿吽の呼吸」であることを過信するばかりに、

気持ちのすれ違いが生じることもありがちです。

しかしながらお互い人間ですから、

そのときどきによって状況や気持ちも変化するものです。

密教では、阿吽を「万物の根源」と

「一切が帰着する知徳」の象徴とされているようです。

そう考えると「阿吽の呼吸」とは

最終的に得られるものとも捉えることができ、

言葉で使われているほど

簡単には達することのできない状態なのかもしれません。

最近夫婦や恋人間で、

相手とのコミュニケーションがうまくできていないなぁと感じたら、

相手との関係のなかで

「阿吽の呼吸」という思い込みに陥って、

ミス・コミュニケーションになっていないか

今一度振り返ってみることが大切な気がします('-^*)/

powered by Quick Homepage Maker 4.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional