ヒプノセラピー(催眠療法・前世療法)&カウンセリング<link rel="canonical" href="http://www.cocokara-happy.com/">

“気”を入れる

帯津先生のお話の中から、
もうひとつご紹介させていただきます。

先生の病院では病院スタッフと患者さんが
気功をするというお話を前回させていただきました。

もちろん患者さんの病が少しでもよくなるために
気功を取り入れているのですが、
予想外の効果があったそうです。

それは何かと申しますと、
看護師さんが“気”を学んだことによって、
患者さんに体温計を渡したり、
点滴を取り替えたりする際など、
常に「患者さんが良くなりますように」と
“気”を入れるようになったのだそうです。

「そうすると不思議と熱が下がったり、
回復が早かったりすることがよくあり、
うちの看護師は体温計を渡すときも、
点滴を取り替えるときも皆一生懸命ですよ」
とニコニコされながらおっしゃってました。

“気”というとまだ世間一般では???
と思う方が多くいらっしゃると思いますが、
私たちの日常の生活に当てはめて考えると、
似たような出来事ってあるように思います。

いずれまた先生のお話をご紹介したいと思いますが、
先生の全てを受け入れるようなお人柄もあり、
こんな病院なら一度入院してみたいなと、
思わずにはいられないお話でした(^^

powered by Quick Homepage Maker 4.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional